シン・春夏冬広場

楽しいことになんでもやっていこうっておもってますぜ。

戯言

飲み会幹事のノウハウ:中小規模

飲み会が開きたい。僕は幹事が好きで、幹事を結構やってきた。ここ最近は飲み会が開けないので、忘れそうだ。ノウハウに苔が生えるともったいないので、備忘録として残したいと思う。 対象となる飲み会の規模は、小規模から中規模でだいたい30人前後が対象だ…

かすがい

歳を取った。久しぶりに会った父と母。父は髪に白髪が混じる様になり、頭皮は薄くなっていた。 服装はハンチング帽をかぶって、チェックのパンツに黒いジャケット。母は花柄のワンピースを着ていた。格好こそ2人とも若々しいが、近くで見た2人にはかつて2年…

書き出しって悩む

いつだって書き出しに苦労する。書き出しを決めるまでにうんうんうなっていることが多い。本日は〇〇について紹介しますっていうくだりはあまりに多いとくどいかなとか。味気ないかなとかそういったことに悩まされる。 かっこいい書き出しで始められるときも…

野沢民芸の赤べこが欲しくて欲しくてたまらなかったんだ

昨年2020年10月頃に会津旅行に行ったんす。Gotoトラベルを使って、動けなくなる前に近場に行こうって。会津って、赤べこが有名ですよね。イメージキャラクターになるほど人気なんです。 そりゃ行ったなら買いたくなるじゃあないっすか。なんで、有名な赤べこ…

コミュニケーション不足を少しでも解消したいんだ:ブロガーバトン

僕はコミュニケーションが下手だ。コミュニケーションというやつは、難しい。コミュニケーションが得意と思っているやつも、実はそうでないことを自覚すべきだ。コミュニケーションは、相手のパーソナルスペースに割り込む作業だ。そのため、相手の程よい間…

本の中の共通表現を見つけると嬉しいよね

複数の本の中で、同じようなニュアンスの表現を見つけるとなんだかいっぱしの読書家になれた気がしてうれしい。大元の本がある可能性は高い。ただ、言葉やニュアンスが微妙に異なるので、単純なオマージュとはいいがたい。作成された国、時代がことなっても…

【書評】心はどこへ消えたを読んで、早く気持ちを交換したい自分がいた

数日ぶりに知り合いと話をした。画面越しではあったが、非常に興奮した。相手の顔が画面越しに揺れる。口が開かれ、言葉が紡がれる。あぁこの人はこんな声をしていて、こんな顔をしているんだなって。画面越しの彼は画面に映る僕に目を合わせて、僕の言葉を…

【書評】 文学って作者と読者の信頼関係だよね

(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法 作者:香帆, 三宅 笠間書院 Amazon 僕はこれまで色んな本を読んできた。確かに読んできたつもりだった。でもいつしか本の中身は、僕の両手からこぼれ落ち、どこか遠い場所に旅だっ…

【書評】YOASOBIの曲が僕の心を震わせる理由がわかったような気がする

YOASOBIは僕の心を震わせた。それは今も継続中で、なぜだか僕の心の柔らかい部分にこしょこしょこしょって触れ続けている。ボーカルのikuraさんは、華奢な見た目と異なる力強い歌声は魅力的だ。ただ、歌声というよりも音楽や歌詞、そしてYoutubeに公開されて…

【書評】フミコフミオ氏の本を読んでちょっとだけ元気になったということ

ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。 作者:フミコフミオ KADOKAWA Amazon フミコフミオ氏は、はてなブログで文章を書かれているサラリーマン。ブログ自体もかなり読者が多く、一度は目…

【書評】僕はムラへの通行手形として個性を差し出し「コンビニ人間」になった

コンビニ人間 (文春文庫) 作者:村田 沙耶香 文藝春秋 Amazon 小さい頃の僕は他人に興味がなかった。なぜみんなは群れて、集まって自分の時間を他人に捧げているのか理解できなかった。友人と呼べるものがおらず、犬と遊んだり、自分の世界に閉じこもるのが好…

痛みを伴わないと人間は学習しない

人というのはなんて愚かしい生き物なんだろうか。何かを学び取るには必ず痛みを伴っていないと、理解することが出来ない。その立場になって初めて、その問題に取り組もうという段階になって初めて問題のまずさを理解し、向き合うことになる。愚かしいばかり…

僕の血は音楽でできている

辛い時音楽で気持ちをあげる。悲しい時音楽を鳴くように歌う。嬉しい時音楽で踊る。僕の血は音楽でできている。 僕はミュージシャンでもなければ、クリエイターでもない。しかし、人生において音楽から離れた生活などなかった。それくらい僕は音楽が好きだっ…

失敗の恐怖も成功の栄光も全て足枷灰になれ

僕は失敗を恐れる。失敗を恐れるあまり、身体が強ばり、新しいことを始められない。新しいことは余計なコストがかかるとか、方針に合わないとかいいわけが始まり、何故やらないのかをとうとうと述べ、自分がいかにやらないことが賢い選択であるかを正当化す…

意識高い系メンズ

※この話はフィクションです。実際の人物や団体とは関係ありません。 ちわーっす⭐︎ 俺の名前は高杉一色! 今は22歳!絶賛彼女募集中で〜す!! でも、俺に惚れて付き合っても後悔させちゃうかも! だって今俺は絶賛起業準備中で、今日も朝からクライアントと…

書評 一生忘れられない怖い話の語り方

最近異様にタイミングが良いときがある。人気がある店がガラガラで、入ってしばらくするとあっという間に満席になる。さっきまで1人も居なかったのに、急に思い出したかのように人が並び始める。1人で行く時はそうでもないんだが、嫁さんとセットで出かける…

人のウチのトイレでうんこするのは気が引ける

※下品な話。注意。食事中、もしくはカレーを食べている方。 日本一楽しい入学準備ドリル うんこ入学準備ドリル (うんこドリルシリーズ) 作者:文響社(編集) 文響社 Amazon どうも。今日も踏ん張ってるかい?良い排泄は、良い気分にしてくれるものだよね。僕…

【書評】『何者かになりたい』そう僕はよく考えるようになった

何者かになりたい 作者:熊代亨 イースト・プレス Amazon 僕は何者にもなれていない。そう感じるようになったのは30代に差し掛かったころだった。仕事はある程度充実していたが、本来望む仕事ではなかった。そのころにはどうして自分がこんなことをやっている…

親父ギャグってよく考えると韻を踏んでてハイセンスなんじゃね

親父ギャグ、それはダサいギャグの代名詞。 だけどオヤジギャクって韻を踏んでるから、ハイセンスなはずなんじゃね?なんでオヤジギャグとリア充たちの歌うかっこいい歌詞との違いが出てるのかちょっと考えてみっかっていうのが今回の主題。 そこ!つまんな…

子供を産んだら実家に帰るのがよい

まず初めに色んな事情を抱えている人々がいることを配慮する。無理強いしているわけじゃないってことを理解して欲しい。 親とうまくいってない、両親が他界またはいない人だっている。遠方にいる方だって大変だ。そういった人はどうか全てを自分だけでやり切…

ニットトランクスしか勝たん

フィギュアーツZERO ビスケット・オリバ BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) Amazon すげ〜ぴちぴちのメンパンが増えてキツいんだよ。何でみんなあんな食い込みパンティで我慢できるのか理解できん。足に張り付き、肉に食い込む。不快以外の何ものでもない…

6インチの世界

朝目が覚めて、僕は窓を開ける。窓の大きさは6インチ。その小さな窓は世界につながっている。薄暗い部屋の中で怪しいブルーライトを浴びる。 6インチの中には世界が詰まっている。今日の天気、ニュース、みんなの様子。外から子供たちや通行している車の音が…

僕ってコミュニケーション誘い受けじゃん

おかしい。こんなはずではなかった。どこでボタンを掛け違えたのか、状況を整理してみよう。ブログやSNSはコミュニケーションツールだ。コミュニケーションを行うには、自分がどういう人間なのか明らかにしないといけない。そうだね。ここはひとまず良い。 …

辛いものを食べると尻が凄いことになるのにどうして辛いものを欲するのか

やらないか!: 『薔薇族』編集長による極私的ゲイ文化史論 作者:文学, 伊藤 彩流社 Amazon 尻が痛い。腐女子の皆さんがウホウホするようなことは起きていません。単純に辛いもの食べて、その後大変な目にあってるってゆう。単純な出来事なんだよね。 でもさ不…

爆裂魔法の魅力は威力・呪文・雰囲気

今週のお題「爆発」 このすば公式サイトより ※9/7のサーバー更新にかち合って変な感じになってしまったので再投稿しました。 爆裂、爆裂、らんらんら~ん♪ 爆裂、爆裂、らんらんら~ん♪ 爆裂魔法はこのすばのめぐみんの魔法として有名である。実際爆裂と検索…

焦った時こそ一歩ずつ

期限が迫ったり、業務量が多いとき、人は誰しも焦るだろう。僕だって失敗したときにそれを挽回しようとして焦る。焦りはミスを誘発し、ミスは焦りを助長する。焦るような出来事が発生した場合には、一個一個シリアルに問題を解いていくしかない。結局は一歩…

話の前後にすみませんをつけちゃうんだが

はっきりいいましょう。これやっちゃうのは僕だよ。 すみません。こう考えているんですが、はい、わかりました。すみません。ってなんでかなってしまう。なぜだ。話の前後にすみません。ついでにもう1つすみません。謝んなくていいんだよって言われ、すみま…

自分が出来たからあなたも出来るはずだ理論をやめろ

謎理論がよく展開されている。自分が出来ることが、他人にも出来るはずだと信じて疑わない理論である。自分はこうやって来た、ああやって来たという自慢話にはじまり、だからあなたも出来るはずだと結ぶ。 意味がわからない。何がだからにかかっているのか、…

解けない問題は解かない

精神不安に陥る時には必ず問題がある。この問題にかかわったときに、とるべき選択肢は大きく2つ。1つは当然のように問題を解くことだ。もう1つは問題を解かないことだ。前者に多くの人は時間を割くし、なんとか成し遂げようとする。簡単に答えが見つかるもの…

石けんとボディタオル

※下ネタ注意 彼と付き合いだして、ちょうどひと月になる。今日は初めて私たちが、お風呂に入る日。一緒に入るのなんて、彼が初めてだから緊張しちゃうなぁ。彼ったらおかしいの。マフラーを真似して、中尾あきらみたいにネジってみたりして。かわいい。彼っ…