シン・春夏冬広場

楽しいことになんでもやっていこうっておもってますぜ。

栃木県宇都宮市で本格的な汁なし担々麺食べてみた

 

テレビで汁なし担々麺の特集をやっていて、どうしても食べたくなってしまったんです。確か孤独のグルメを見ていたときだったと思います。だからといって同じ店に行くような気力や体力はありません。なので、近場でないか探してみたんです。

 

坦々本舗

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7507-1024x768.jpg

 

坦々本舗はよく店が変わる場所にたっている店です。
以前はジーマー屋という中華料理を提供するお店だったと記憶しています。
旭陵通りは真っ直ぐ通っているため、スピードが出やすく、また忽然と現れるため見落としやすいのが原因と考えます。
店舗はデカデカと文字が書かれたお店になります。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3573-1024x768.jpg

 

汁なし担々麺は780円です。
見た目が本格的で、非常に香辛料の良い香りが漂ってきます。
麺、ひき肉、坦々ソース、ごま、ナッツ、もやし、ネギ、香味野菜がかかった本格的な汁なし担々麺です。
ナッツがかかっているとどこかエスニックな印象があります。

本場中国は四川省では汁なし担々麺が一般的です。
日本人の味覚に合うように創意工夫してできたものが現在の汁なし担々麺だと言われています。
陳建民がつくったのが最初だと言われています。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3576-1024x768.jpg

 

かき混ぜてみると花椒の非常に良い香りがふわっと漂ってきます。
またナッツの香ばしさなどが相まって、非常に食欲を誘う香りです。
麺は太麺で、ドロッとしたソースが非常に絡まり美味です。
めちゃくちゃ辛いです。
しびれと辛味が口いっぱいに一気に押し寄せてきます。
特に中華料理に見られる独特な香辛料の香りが鼻腔を突き抜け爽快です。
辛いのですが、旨味に逆らえずどんどん食べ続けてしまいます。
中毒性のある味わいです。
ごまのコクと肉味噌のコクが合わさり極上のハーモニーを奏でます。
口の中ですべての材料が合わさり、担々麺が完成します。
汁ありと異なり野菜のシャキシャキ感も生かされ、もやしの歯ごたえやネギの香りが突き抜け最高です。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3575-1024x768.jpg

 

半麻婆めしセットは+250円です。
これまた見た目は鮮やかな赤で、そこまで色が濃くないので辛くないのかと思いきやこちらも辛いです。
なかなかパンチの効いた麻婆豆腐です。
担々麺、麻婆豆腐ともに辛く、どんどん汗をかきます。
辛いものを食べるとどんどん体が熱くなり、体もなんだか爽やかな気分になっていきます。
辛いものって独特に良いですよね。

汁なし担々麺はなかなかの逸材でしたので、他のメニューにもチャレンジしてみたいです。
特に濃厚タンタン麺という気になるパワーワードがありました。
これは試してみる価値がビシビシ伝わってきます。
今度来るときが楽しみです。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7508-1024x768.jpg

ワンポイントアドバイス

注意点としては店が非常に分かりづらいところにあります。
道順は単純明快なのですが、T字路の途中にあるため、入りづらい場所に位置しています。目の前にとんかつ屋さんがあるのですが、その目の前にらーめん屋があとはわからない形になっています。また駐車場は比較的大きいのですが、空いているかどうかも非常に見えづらい場所になります。近くなったら速度を落としたほうがいいです。通り過ぎてしまいます。

また駐車場はかつ盛さんと共同の場所であるため、お昼時は大変混み合います。
ほとんど停められないようなくらいに車がひしめき合い、人がひしめき合っているため、注意が必要です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 駐車場-1024x768.jpg

 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 半分自画像.jpg

 

まった今度をおっ楽しみに~。ばぁい。

○本体もよろしくね(*´ω`*)

666bluebunny.com